航空遊園地が開園  大型旅客機を展示

上海万博グループは9月12日(水)、上海万博浦東会場跡地に、航空関連

テーマパーク「飛行家楽園」を、10月1日(月)から試験オープンすることを

明らかにした。

同園は、約1億元を投じ、敷地面積は約3万平方㍍。

目玉は大型旅客機「ボーイング747」の実物展示で、旧アメリカ館跡地に設置

する。

同機は国慶節休暇期間後に組み立てを開始し、年末の完了を見込む。

そのほか、展望360度のパノラマ映画館や航空機図書室などを開設し、地上

30㍍まで上がる熱気球体験や紙飛行機大会も実施する。

入場料は100元を予定。

(9月13日)

~上海ジャピオン2012年9月21日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP