IKEAに爆発物設置予告 不審物発見されず

 12月19日(金)19時頃、上海体育館付近に店舗を構えるスウェーデンの大型家具チェーン店「IKEA」に、「爆発物を店内に仕掛けた」という予告があり、警察数十人と消防隊が出動する騒ぎがあった。
 爆発物設置の予告があった当時、館内は多くの買い物客で賑わっていた。
20時頃、警察は買い物客全員を避難させたほか、現場一帯を立ち入り禁止とし捜索にあたったが、店内からは爆発物などの不審物は発見されなかった。
現在、詳細は調査中。
なお、翌20日(土)以降は通常営業に戻っている。
IKEA上海店は1998年に中国1号店としてオープンし、今年で開店10周年となる。
(12月21日)

~上海ジャピオン12月26日発行号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP