バス内の音声広告 影響強すぎて全面禁止へ

 市人民政府は、市のバス車輌内に設置された液晶テレビを使っての音声広告を全面的に禁止すると発表した。
禁止の理由は、過度な広告は、市民に与える影響が強すぎるためとしている。
 同じ理由で、バスの路線案内板やタクシー乗り場の電光案内板にも、広告を載せることも禁止。
また、バス停留所の広告にも大きさの制限を設けた。
規定に合致しない広告については、今年の12月末までに全て撤去する予定。
(2月20日)

~上海ジャピオン2月27日 発行号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP