公共交通の運行  終発時刻変わらず

1月31日(金)の春節を前に、上海市では最近、公共交通の運行時間延長をめぐり、議論が行われている。

昨年12月31日(火)、市内各所で年越しイベントを開催。しかしながらイベント終了後、軌道交通は終発時刻を過ぎており、公共バス、タクシーも不便な状況下で、市民は徒歩での帰宅を強いられることとなった。

これを受け、市交通運輸及び港湾管理局などは、春節期間、タクシーでの対応を検討する意思を表明。また「中国人民政治協商会議上海市委員会」関係者は、今後需要が高まれば、4号線の運行時間延長を試験的に行う可能性を示唆している。(1月21日)

~上海ジャピオン2014年1月24日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP