迷子の祖母を孫が放置  「面倒くさい」で電源オフ(B級ニュース)

浙江省杭州市で3月14日(金)、道に迷い保護された72歳の女性の孫が、祖母を迎えに行くことを拒否したうえ、携帯の電源を切るという出来事があった。

女性は市内の自転車貸出所で布団にくるまり、6時間ほど座っているところを、同貸出所の管理人が見つけ通報。西湖分局翠苑派出所員は、女性が所持していた老人カードから身元を割り出し、市内在住の孫に連絡。しかし孫は一言「お金もかかるし面倒くさい」と言い放ち電話を切ると、携帯電話の電源を切った。女性の家は約200㌔離れた金華市郊外にあり、翌15日(土)、派出所員によって送り届けられた。(3月17日)

~上海ジャピオン2014年3月21日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP