病院の客引き横行  高額の薬を売りつけ

上海市徐匯区の軌道交通1号線「常熟路」駅周辺で近頃、華山医院などに診察を受けにいく病人に対し、別の病院を勧める客引きが横行していることがわかった。

同駅周辺には30~40人ほどの客引きが集まり、病人と思しき通行人に、同じ病人や医者のふりをして〝名医を知っている〟などと話しかけ、江蘇省昆山市にある病院に誘導。そこで高額の薬を勧めると言う。漢方薬を数千元で購入した被害者も出ている。

 

~上海ジャピオン2016年10月14日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP