中国プロサッカー・上海上港 昇格後3年目で初優勝を飾る

中国サッカースーパーリーグ(CSL)の「上海上港」対「北京人和」の試合が11月7日(水)に開催。「上海上港」が2対1で勝利し、最終節を残して2018年度リーグ優勝を決めた。

「上海上港」は、前半にウズベキスタン代表MFが、後半にMFウー・レイ(武磊)が得点し、勝利。「上海上港」は05年、上海東亜足球倶楽部として創設。〝中国のマンチェスター・ユナイテッド〟を目指し、13年にスーパーリーグに昇格。15年シーズンには上海上港集団足球俱楽部に改名、3年目にして初優勝を果たした。

CSLは2004年に発足。11~17年は「広州恒大淘宝」が7連覇中だった。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年11月16日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP