奉賢区で大規模火災 9時間半後に鎮火

上海市奉賢区の化学薬品会社で8月16日(金)21時頃、火災が発生。約9時間半後に鎮火したことがわかった。

火災が起きたのは同社の農薬包装区と倉庫。現場には20台余りの消防車が駆け付け、決死の消火活動が行われた。火は2時間後に勢いが弱まり、翌6時半に鎮火。この消火活動で、3人の消防隊員が熱中症に陥り、病院へ搬送された。

消防隊員の話によると、同社には大量の農薬原料が保管されているほか、数百㍍先にはガソリンスタンドがあり、そこに火が回れば非常に危険な状態だったという。火災の原因については現在調査中。

 

~上海ジャピオン2019年8月23日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP