紙幣をレンジでチン 〝消毒〟で黒焦げ

上海市の女性が最近、紙幣をレンジで加熱して焦がし、中国農業銀行で新しいものと交換してもらうという出来事があった。

女性は買い物から帰ってきた後、紙幣にウイルスが付いているのではないかと心配になり、消毒のため2000元ほどをレンジに入れて加熱。ほどなくして、紙幣は真っ黒に焦げてしまったという。同銀行では黒く焦げた51枚の紙幣を鑑定し、新しいものと交換。結果、損傷の激しいものを除き、計1090元が女性の手元に戻った。

同銀行では2月にも、同様の紙幣が持ち込まれていた。紙幣のレンジ加熱は消毒効果がなく、火災に繋がるおそれがある。

~上海ジャピオン2020年3月13日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP