五角場の商業施設で偽物販売 業者逮捕で施設の管理に疑問

上海市楊浦区の五角場エリアにある商業施設「合生匯広場」の中央広場で6月27日(土)、有名ブランドの偽物をセール販売していた業者が逮捕されるという事件があった。

売られていたのは、有名ブランドを模した運動靴で、客の通報により、コピー商品であることが発覚。同ショッピングモールでなぜ偽物ブランドが販売されてしまったのか、消費者から疑問の声が上がった。「合生匯」側は、偽物を販売していた業者と賃貸関係にあったことを認め、偽物商品の購入者には返金の処理をすることを発表するとともに、この事態になったことを謝罪している。

~上海ジャピオン2020年7月3日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP