京沪高鉄、開通から10年 大都市から沿線へ発展拡大

北京市―上海市を走行する高速鉄道「京沪高鉄」が6月に開通10周年を迎えた。同鉄道関係者によると、これまでの利用者はのべ13億5000万人、走行距離は15億8000万㌔に到達したことがわかった。

同鉄道の開通は、技術や産業、資本を北京市、天津市、上海市などの大都市から沿線地域へ広げ、産業構造の革新を促した。また同鉄道は「京沪高速鉄路股份有限公司」として2020年に上海証券取引所に上場。306億7400万元を調達し、長三角エリアにおける他路線の運営に乗り出すなど、鉄道経営の資本化に向けた大きな取り組みを行っている。

~上海ジャピオン2021年7月9日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP