市全域が低リスクに引き下げ 14+7+7の勤務規定実施

上海市疫情防控作業リーダーチームは9月4日(土)0時、浦東新区の千匯苑一村小区及び祝和苑北区において、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを中リスクから低リスクに引き下げ。同日から市全域が低リスクとなったことがわかった。

各居住区の正門付近では3日(金)23時半頃から、隔離されていた住民が集合し始め、封鎖解除の瞬間まで待機。翌0時になると、多くの住民が門を抜けて解除を祝い、花束の贈呈や抱擁といった光景が見られた。

ほか、市浦東新区の浦東国際空港は最近、同空港で消毒や国際便、国際貨物積み下ろしに従事するスタッフなど、防疫の最前線で働く従業員に対して〝14+7+7〟の勤務ルールを新たに制定したと発表。該当スタッフは14日間の勤務中、専用車両によって空港と集中居住エリアを移動。その後、隔離ホテルで7日間の隔離を受け、それから7日間の自宅隔離を受けるという。(9月4日)

 

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2021年9月10日号

最新号のデジタル版はこちらから

日本帰国生オンライン説明会21秋

香港便利帳

PAGE TOP