水滸巡礼~108の足跡~阮小七(げんしょうしち)

-454suiko-v1 -454suiko-v2

阮氏三雄の末弟
阮小七(げんしょうしち)

ゆかりの地 山東省泰安市東平県
あだ名 活閻羅
職業 水軍頭領
宿星 天敗星

石碣村(せきけつそん=現山東省泰安市東平県、諸説あり)の漁師、阮3兄弟の末弟。軍師呉用による財宝略奪作戦に貢献したことが転機となり、入山。3兄弟で唯一生き残った人物で、方臘の戦い後は、再び故郷で漁師となり、60歳で生涯を終えた。

3兄弟一のやんちゃ坊主
最後まで朝廷入りに反対

阮小七は石碣村の漁師で、長兄の阮小二(げんしょうじ)、次兄の阮小五(げんしょうご)を合わせ、阮3兄弟と呼ばれた。あばた面に突き出た眼、顎には黄色い鬚をたくわえ、鋼のように逞しい体つきをしていた。「この世の閻魔大王」を意味する「活閻羅(かつえんら)」という恐ろし気なあだ名を持つが、三男坊のせいか子どもっぽく、いたずら好きの少年であった。

-454suiko-v3

『水滸伝』のテーマパークの1つ東平水滸主題公園。石碣村や史家村など、実際に物語に登場する街が再現されている

ある日、兄弟は旧友の呉用に頼まれ、宋朝廷が賄賂として運ぶ生辰綱(せいしんこう)なる財宝の略奪計画に手を貸す。計画は成功したものの、宋朝がこの件を知り、呉用たちを捕獲すべく追っ手を放った。兄弟はこれを避け、川までおびき寄せると、追っ手の船の下に阮小七が潜った。阮小七は子どものように笑いながら、次々と船を揺らして転覆させ、追跡を振り切る。そして彼ら兄弟は、梁山泊に迎え入れられ、入山することとなった。

その後阮小七は、水軍の指揮を執る。しかし梁山泊の朝廷帰順には反対しており、ある日、山塞にやって来た朝廷の使者を騙して、朝廷から贈られた御酒をどぶろくと入れ替えた。これに怒った頭領たちは、帰順の話を反故にするよう仕向けるという、とんでもない悪戯を仕掛けたのだった。しかし結局梁山泊は朝廷入りし、初戦となった方臘の戦いで兄2人が戦死。梁山泊は勝利したが、兄を失った怒りから阮小七は朝廷をますます嫌い、遂には梁山泊を去った。

-454suiko-v4

東平湖。宋代、梁山泊一帯に広がっていた湖沼地帯の中で、現存する唯一の湖とされる。総面積627km²

兄弟の故郷、石碣村があったとされる山東省泰安市東平県。梁山泊の中に広がる東平湖は、街の貴重な水源となっている。この湖を漁師の身に戻った阮小七も、あどけない笑顔で船を漕いでいたのだろうか。

【アクセス】
①上海虹橋/浦東空港から空路にて済南遥墻空港まで約1時間半
②済南駅から泰安駅まで高速列車で約20分。2等席20元、1等席10元。
③上海虹橋駅から泰安駅まで高速列車で約3時間半、2等席375元、1等席635元

-454suiko-v5

~上海ジャピオン2013年10月11日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP