イチオシ!中華ドラマ


中国語を勉強するにも、

教科書とにらめっこするばかりでは、つまらない。

そんな時にオススメなのが、中華ドラマ鑑賞だ。

そこで今週は、中国人に人気の俳優や、

大陸地区・台湾地区・香港地区の3エリアそれぞれ今イチオシのドラマを、

一挙紹介!

俳優になった気分で、セリフをつぶやけば、

中国語力がぐんとUPすること間違いなし!?

中華ドラマのエトセトラ

 



中華ドラマを実際に観る前に、

中国のドラマ事情を少し把握しておこう。

その参考として、マーケティング会社・インフォブリッジが、

上海・北京・広州に住む10~50代の男女100人を対象に、

中華ドラマに関するアンケート調査を行った。
調査によると、

中華ドラマを観る頻度は「ほぼ毎日」が半数を占める結果に。

どうやらほとんどの人が、

どっぷりドラマ漬けの日々を送っているようだ。

というのも、日本なら〝月9〟という言葉がある通り、

同じドラマは週1回放送されるのが常。

しかし中国では、

平日の決まった時間に毎日放送されるというパターンが多いので、

結果として好きなドラマが放送されている期間は、

毎日見続けることになるのだろう。

「続きが気になって落ち着かな~い!」という状態にならず、

サクサク観進めることができるのが嬉しいところだ。

ちなみに、

中国以外のドラマでは、一番人気が『24』などに代表されるアメリカドラマ、

次に韓国、3位に日本が続いた。

ドラマの人気俳優は誰?

ドラマを観るキッカケとして、

一番多かった意見は「流行ってるから」。

続いて惜しくも次点となったのが、

「好きな俳優が出演してるから」だった。

では、どんな俳優が人気かというと、

大陸地区からは

中国の演劇関係の各賞を受賞しているチェン・ダオミン(陳道明)や、

シブイ演技に定評があるリー・ヨウピン(李幼斌)、

スクリーンでもおなじみのグォ・ヨウ(葛優)などと、

男性陣の俳優が多く挙げられた。

一方、台湾地区からは若手俳優たちの人気が圧倒的に強く、

女性はレイニー・ヤン(楊丞琳)やジョー・チェン(陳喬恩)、

男性はイーサン・ルァン(阮經天)やマイク・ハー(賀軍翔)などが代表格。

香港地区からも、

若手俳優のボスコ・ウォン(黄宗澤)などが注目されている。

それでは次ページからは、ドラマのジャンルごとに、

今イチオシの中華ドラマを

大陸地区・台湾地区・香港地区からそれぞれ1作ずつ、

作中のセリフとともに紹介していこう。

 

 

 

~上海ジャピオン9月23日号

 

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP