今ドキ上海っ子のデート事情 ~デートサンプルと評価つき!~

デートは毎週末に
では早速、
マーケティング会社
「Embrain Infobridge China Co.LTD」が、
上海に住む20、30代の男女各50人を対象に行った、
アンケート調査の結果を見ていこう。
調査によると、
「月にデートをする回数」は、
「1~5回」が全体の48%
という結果になった。
さらに、
「平日と週末のどちらが多いか」
という設問に対しては、
76%の人が週末と回答。
このことから、
多くの人が毎週末に
デートを楽しんでいる様子が
うかがい知れる。
また、気になる
「1回当たりのデート予算」は、
101~200元が39%、
201~300元が36%という結果に。
上海ホワイトカラーの
2012年の平均月収3650元
(智聯招聘調べ)から考えると、
決して少なくない金額である。

〝人間的魅力〟を評価
そのほか、
男女を分けて
「デート相手に関して許せない点」を問うと、
女性の回答で「服装がダサい」が46%、
「交通機関でお年寄りに席を譲らない」
が40%を占め、
「食事を割り勘にする」の38%、
「デート帰りに家まで送らない」
の32%を上回った。
さらに、
「服を部屋に脱ぎ散らかして片づけない」や
「出された料理に文句を付ける」、
「しつこい」などの例も挙がった。
ちなみに、
男性の回答では、
「ケータイをずっといじっている」
が最多の58%という結果に。
現代の上海の若者の間では、
人間的魅力や、
マナーを評価する傾向にあるようだ。
その点を念頭に、
振る舞いに気をつけて実際のデートに臨みたい。
最後に、
「今までで最高のデートは」
への回答としては、
「浜辺を散歩」や
「誕生日にバラをもらった」、
「キャンドルを灯して2人だけで食事」、
「2人乗り自転車に乗った」など、
ロマンチックなシチュエーションが
人気であった。
それでは、
次ページからは、
以上の結果をふまえて練った
デートプランを紹介していく。
上海人女性からの評価つきのため、
今後の参考に役立つかも…?

ここからは、
ジャピオンスタッフ・ヨウヘイが、
前ページの調査結果をもとに、
上海人女性相手のデートプランを妄想。
それに、
上海っ子代表・JJ小姐が
チェックを入れていく。
では早速、スタート!

13:30@魯迅公園で待ち合わせ
今日は、気になるあの娘とのデート。
アンケート結果を見て、
予習はバッチリだし、
成功間違いなしだぜ!
待ち合わせは、
アンケートで半数の人が
「よく訪れる」と答えた公園。
服装も、
ダサいのはNGってことだし、
スーツでキメれば問題ないな。
…おっ、彼女がやって来たぞ。
ここですかさず、
隠していたバラの花をプレゼント!
上海人女性は
ロマンチックな演出に弱いらしいからな。
いやぁ、
そんなに感激してもらうと男冥利に尽きるぜ~。

バラのプレゼント、
これはポイント高いわね。
ロマンチックなサプライズって、
女性はうれしいものよ。
ただ、スーツは…
高級ホテルでビュッフェとかなら
アリだけど、
公園待ち合わせにしてはやり過ぎよ。
上下ジャージで
ダサいとかよりはマシだけど、
TPOを考えてね。
あと、公園はいいチョイスだけど、
魯迅公園はどっちかっていうと、
お年寄り向けのイメージが強いなぁ。
デートだったら、
広くてアミューズメントも楽しめる
「長風公園」なんかがオススメよ。

14:30@甜愛路で散策
じゃあ、公園をぶらついた後は、
歩いて15分くらいにある
「甜愛路」に行こうか。
たった500㍍程の通りだけど、
「上海で最もロマンチックな道」
と呼ばれてるんだ。
オレも初めて来たけど、
道の端に「恋人の像」が置かれたり、
壁には、
各国の恋愛詩が貼られたりと、
恋愛ムード満点。
カップル率も高いなぁ。
実はここには、
相思相愛の2人が手をつないで歩くと、
愛がなが~く続くという
伝説があるんだってさ。
オレたちも、
なが~くいい関係になれるよう、
手をつないで歩こうぜ!
バッグがジャマなら、
オレが持つからさ!

「甜愛路」を散歩…
は良いとして、
手をつなぐのは早すぎ! 
付き合う前でしょ? 
私だったら、
もう好きになっちゃった相手は別として、
〝気になる〟程度の相手とはパスね。
初デートでは
イヤって子もけっこういるし、
よ~く相手を見て、
100%自分に気があるって
確信できるか、
恋人になってからが無難かな。
あと、
女性のバッグを男が持つっていうのも微妙。
なんか、男らしくないわよね。
上海人女性は、
意外とそういう部分を気にする子も多いのよ。

15:00@喫茶店でお茶
そろそろ休憩しようか。
ここには、
その名も「甜愛咖啡館」っていう、
ムーディーな喫茶店があるんだぜ。
1階は陽光の差しこむサワヤカなテーブル席、
2階は席間が近く、
照明が親密な雰囲気をつくり出して
夜向きっぽいな。
今はまだ昼間だから、
1階の方でお茶にしよう!
さて、
お茶を飲んで一息ついたところで…
ジャーン!
「レターセット」の登場だ!
「甜愛路」に設置してある
「愛心ポスト」に投函すると、
「愛心スタンプ」っていう、
ハート形の消印を押してもらえるんだ。
というわけで、
オレたちも、
未来の自分たちに
手紙を書きあうってのはどうかな?
特別な思い出を作ろうぜ!

そうね~。
未来の自分たちに手紙っていうのは面白いかも。
私の友だちでも、
「知り合った記念日」とか
「恋人になった記念日」
を大切にしてる子はたくさんいるわね。
例えば、
付き合い始めた日に手紙を投函すれば、
さらにステキな記念日になりそう! 
ただし、
手紙が届く前に別れないよう、
気をつけてね。

 17:00@田子坊で買物・ディナー

さて、
お次はデートの定番スポットのひとつ、
田子坊だ。
まずは、
このシャレオツな通りでショッピング…
と、そうこうしているうち、
辺りが暗くなってきたな。
ん?
お腹がすいたって?
待ってました!
じゃあオレのとっておき、
「便所歓楽主題餐庁」へ案内するぜ!
ここは〝トイレ〟をテーマにした
レストランで、
まんま便座を模した座席で、
便器型の器に盛られた料理を楽しめるんだ。
面白いだろ?
今ドキの男は
ユーモアも持ち合わせてないとな!
週末は混むから、
ちゃんと予約もして、
抜かりはないぜ。
メインにカルボナーラ
「菌菇牛肉奶油意面」(65元)、
デザートには、
看板メニューの巨大パフェ
「馬桶一号」(60元)で決まり!
え?
口をあけてって?
感激だなぁ!
実はオレ、
「あ~ん」するの、夢だったんだ!

えぇ~っ! 
デートでこのレストランはないでしょ。
友達とだったら面白そうだけど、
初デートで行くのはヤダなぁ。
〝デート〟っていうからには、
女性が思わずうっとりする
プランを考えてほしいものだわ。
こういう場所は、
付き合ってしばらくして、
マンネリしてきた頃にでも
誘うのがいいんじゃないかな。
そして、
ユーモアは会話で表現すること。
デート中、
男性が無口だと、
女の子は困っちゃうのよ。

20:00@外灘のバーで〆
とうとう、
すっかり日も落ちきってしまった。
キミと一緒にいられるのも、
あと少しかと思うと切ないぜ。
しかし何事も、
〆が肝心だからな。
最後はロマンチックで、
上海ならではの夜景を満喫できる、
「外灘3号」7階のバー
「New Heights」でキメるぜ。
ここは、
早めの時間だったら
予約なしでも比較的空いてて、
バルコニー席に座れるし、
使い勝手が良いんだよな。
カクテル類が75元~と、
オレにとっては少々高いが、
ここが頑張りどころだぜ。
夜景をバックにカクテルで乾杯、
そして告白!
完璧なプランだ。
この通りに進めれば、
あの娘も振り向くはずさ。

夜景を眺めながら、
男女が語り合う…
ロマンチックねぇ。
いいじゃない、
こういうのが欲しかったのよ! 
スーツ姿も、
ここならバッチリ合ってるわね。
告白をする
シチュエーションとして考えると、
女の子ウケはかなり良いんじゃないかな。
た・だ・し、
それまでに、
相手からかなり気に入られとかないと、
成功は難しいでしょうね。
上海の若者は進んでる、
とかいう報道もあったみたいだけど、
私の周りには、純粋な子がほとんど。
まずはお互いの信頼関係を築くのが大切なの。
でももし、
GACKTが私に告白してくれたら…
ここじゃなくても即OKよ!

気になる総合評価は…
総合評価は、
点数をつけるなら、ズバリ「60点」ね。
アンケート結果を参考にしただけあって、
流れはよかったんだけど…。
ヘタにウケを狙うより、
最初はロマンチックの王道を
狙った方がいいと思うわ。
あと、
女の子に気を使うのはいいけど、
やりすぎは禁物。
バッグを持ってくれるよりは、
例えば、
電車やバスでお年寄りに
席を譲ってあげる方が〝男らしい〟
優しさを感じるし、
好感度もアップだわ。
ほかに、
気になる点としては、
今回は市内をあちこち回る
プランだったけど、
これって移動に疲れちゃうのよね。
実際の場合は、
もっと交通の便も考えよう。
デートを極めるには回数をこなすのみ! 
常に情報収集をして、
どんどん出かけよう!

~上海ジャピオン2012年11月2号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP