上海のグルメ 記事

JUST OPENED~秋元屋

東京やきとん店が来海

やきとんの〝西東京の横綱〟と称される人気店「秋元屋」の上海支店が3月、南京西路にオープン。

東京・中野などに構える同店。東京で長年修業を積んだ料理長兼店長の林氏が調理場に立ち、串焼きを絶妙の塩梅で仕上げる。看板メニュー「やきとん」(通常18元~)は、希少なイベリコ豚を使った「豚バラ」や「豚ロース」(各通常18元)のほか、ブタ一頭から串数本分しか取れない「トンみの」(通常25元)など4種を揃える。旨タレや塩もいいが、ここは同店秘伝の味噌ダレでいただこう。また、焼き鳥「鶏ねぎま」(通常12元)や牛串「牛たんした」(通常18元/各本)も用意。

酒は「シャリキンレモン」(30元/杯)をどうぞ。焼酎をグラスに注いでグラスごと凍らせ、客自らがソーダ水を足して飲む。ヒヤッとしたシャーベットがアクセントになる、変わり種だ。

東京の味を受け継ぐ同店に一度、足を運んでみては?

Info

店名  秋元屋(あきもとや)

住所  南京西路580号魔貿580商場1階

TEL  5155-3924(日本語可)

営業時間  11時半~13時半、17時半~21時半

席数  約50席、個室1、カウンター15

予算  昼40元~、夜150元~

~上海ジャピオン2019年3月15日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。