今週もゴチになります~秋の港 文広大厦店

旬の食材を生かす

2018年12月で開店20年を迎えた、日本料理店「秋の港」。7年ほど前に今の文広大厦店に移転したが、20年間「伊犂路」駅周辺で、多くの日本人に愛されてきた。また「上海」駅近くに2号店を構える。

和をイメージさせる店内は、カウンターやテーブル席のほか、半個室、個室があり、個室はふすまを取り外して最大24人を収容できる大個室に変更可。文広大厦店には、公邸料理人に師事して食材の目利きに長けた料理長が常駐。今の時期はタケノコが旬を迎えており、あっさりとしたカツオダシとシャキッとした歯応えが堪らない「タケノコの土佐煮」(通常40元)がオススメ。また、トロトロに煮込まれたチャーシューと醤油ダレが酒によく合う「炙りチャーシュー葱まみれ」(通常48元)、「肉じゃが」(通常38元)など、本格的な日本料理が人気だ。ほか、飲み放題付き「食べ放題」(318元/人)も用意する。

単品料理と酒が割引

今回は、4月30日(火)まで「ジャピオンを見た」で来店すると「料理全品」(通常39元~)を30%オフ、「生ビール」(通常25元)と「ハイボール」(通常30元)を何杯でも半額としている。なお、キャンペーンの併用可。

春の到来とともに、新たな日本人駐在員が来海する季節。歓送迎会はもちろん、ローカルフードにまだまだ慣れない人も、足を運びたい店だ。

info

住所  虹橋路1386号文広大厦1階

TEL  6278-7766、139-1674-8287(日本語可)

営業時間  10時~14時、17時~23時

席数  約80席、個室4

予算  昼45元~、夜150元~

~上海ジャピオン2019年4月12日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP