中華接待の備忘録~黄金小米渣

明代の皇后が愛したアワ

ツヤツヤと輝く黄金色で、見た目にもおいしそうなこの一品。「黄金小米渣」は、甘めの味付けが特徴的な中華団子だ。

これは、夏場でも一部エリアで残雪が見受けられる、海抜1600㍍の高地に位置する貴州省で生産されたアワ(中国語で「小米」)を細かく屑状(同「渣」)にして蒸したもの。中には豚肉などが入っており、氷砂糖が使われているため、日本の団子に似た甘さがある。

歴史書によると、今でも貴州省などに定住している少数民族・イ族(彝族)の女性政治家・奢香夫人が、北京の朝廷に赴いた際、献上品として地元の名産品である襦小米を献上。これを食した明代初代皇帝・洪武帝の妻、馬皇后がいたく気に入り、以後、明王朝御用達のアワとして献上されていったという。このアワの特徴は、粘り気がありながら歯にこびり付かず、香り豊か、そして何より黄金の如く艶やかな色だ。

明代の皇后が愛した団子を、ぜひ1度お試しあれ。

アテンド先はこちら

店名  黔香閣(チィエンシィアングェ) 大上海時代広場店

住所  淮海中路99号大上海時代広場6階

TEL  6391-1779

営業時間  11時~14時半、17時~21時半

席数  約100席

予算  約100元~

エリア  大世界

~上海ジャピオン2019年8月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP