劇的!カルチャー体験 Vol.43 韓国家庭料理教室

voice1896

voice2849

本場の家庭料理
授業は日本語

 「料理が好きで、前から韓国料理を習ってみたいと思っていたんです。
そしたらちょうど友達に誘われて、この教室に来てみたんです」と語る岡本さん。
大阪出身で、実家近くにも何軒か韓国料理屋があったが、「これぞという味に出会うことは少なかった」という。
 韓国料理教室は、日本人学校に息子を通わせていた高先生が、
お母さんたちから「韓国料理の作り方を教えて」と頼まれたのをきっかけに始めたアットホームな教室。
高先生が自身の母親から受け継いだ、本物の家庭料理を教わることができる。
授業は日本語で、生徒もほとんどが日本人の太太さんたちだ。

グループで楽しく
秘密の隠し味も

 授業は毎週月・金曜の10時半からで、6人前後のグループレッスンで行う。
5人以上人数が集まれば、別途開講できる場合もあるので相談してみよう。
 この日作るのは、「海鮮ニラチヂミ」や「カクテキ(大根キムチ)」など。
まずはレシピの書かれた紙を受け取り、先生の説明を聞く。
「カクテキには、隠し味にサイダーを少しだけ入れると美味しくなりますよ」。
ちょっとしたコツを、熱心にメモしていった。
 続いて料理の実践に移り、岡本さんはジャガイモの皮をむいたりチヂミを焼いてみたりした。
初めて焼くチヂミに最初は緊張気味だったが、何枚か焼くうちにコツを覚え、
最後は美しい焼き色のチヂミが完成。
「すごく美味しい。また家でも作りたいです」と言い、料理作りを楽しんでいた。

voice3796

voice4579

?

~上海ジャピオン2月25日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP