続・筆談の落とし穴~vol.94「無心」=「やる気が起きない、何の気なしに」

656続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「無心(wu2xin1)」は「やる気が起きない、したくない」のほかに「はっきりとした考えもなく、無意識に、何の気なしに」などを表す中国語である。

筆談中張君は、最近の急激な寒さで布団から出たくないし、何にもやる気が起きないということを伝えたかったようだ。しかし山本さんは「無心」を遠慮せず物品、金銭をねだると勘違いしてしまったぞ。張君!何の気なしに発した言葉で、年末に掛けてお金が掛かるこの時期に自分の財布が寂しくなる可能性が出てきたぞ。

 

~上海ジャピオン2017年12月1日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP