上海のスクール 記事

続・筆談の落とし穴~vol.113 「烫手山芋」=「厄介な問題」

675続・筆談の落とし穴-1

■説明しよう!

「烫手山芋(tang4shou3shan1yu3)」は「手に負えない問題」を表す中国語である。「手で持てないほど熱い焼きイモ」が、この意味に転じたのだと言う。

筆談中張君は、A社が厄介なトラブルを起こしたのだと伝えたかったのだが、山本さんは張君が熱い焼きイモを持ったことで手をヤケドしたと勘違いし、思わず笑ってしまったようだ。山本さん! 笑っていられるのは今のうちだ。自分の仕事に致命傷を与えないうちに、早く〝手当て〟をした方がいいぞ。

~上海ジャピオン2018年4月20日発行号

上海のスクール 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。