続・筆談の落とし穴~vol.113 「烫手山芋」=「厄介な問題」

675続・筆談の落とし穴-1

■説明しよう!

「烫手山芋(tang4shou3shan1yu3)」は「手に負えない問題」を表す中国語である。「手で持てないほど熱い焼きイモ」が、この意味に転じたのだと言う。

筆談中張君は、A社が厄介なトラブルを起こしたのだと伝えたかったのだが、山本さんは張君が熱い焼きイモを持ったことで手をヤケドしたと勘違いし、思わず笑ってしまったようだ。山本さん! 笑っていられるのは今のうちだ。自分の仕事に致命傷を与えないうちに、早く〝手当て〟をした方がいいぞ。

~上海ジャピオン2018年4月20日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP