劇的!カルチャー体験 Vol.11 二胡教室

voice1592

ご縁があって自分でも
二胡マンツーマン

 「周りには二胡を弾いている人も多くて、いつか自分でもやってみたいと思っていたんです。
今回は、仕事の関係で張先生とご縁があり、体験させて頂くことに致しました」
と、教師ならではの落ち着いた物腰で語る一関さん。
 その張先生が二胡を教えているのは、古北にある「二胡教室」だ。
ここでは随時、無料体験レッスンを行っており、初心者でも気軽に参加可能。
レッスンは全てマンツーマンで、日本語で丁寧に教えてくれる。
 「宜しくお願い致します」。丁寧にお辞儀を交わし合ったら、レッスンスタートだ。

楽譜とリズムに苦戦
演奏で心が落ち着く

 まずは簡単に二胡の説明。
一関さんは、弦に弓が挟んであることに、いきなり衝撃を受けた。
「てっきりバイオリンのように、別々になっていると思っていました。便利ですね(笑)」
 続いて、張先生が日本の唱歌『ふるさと』や中国の曲を手本に弾いてみせる。
感心する一関さんに、楽譜の見方と二胡の持ち方を説明。
ざっと説明し終わったら、いよいよ実践だ。
 体験レッスンで行うのは、「ド」の音のみでリズムをとる練習。
慣れない楽譜とにらめっこしながら、悪戦苦闘する一関さん。
しかし繰り返し練習するうちに、別パートを演奏する張先生と見事なハーモニーを奏でることができた。
 レッスン後、一関さんは「実は幼少の頃から音楽は苦手だったんです。
でもやはり、人柄の良い先生に教えて頂くと、安心して楽しめますね。何だか心が落ち着きました」
と、穏やかな表情を浮かべる。二胡が趣味になる日も近いかもしれない。

voice2541

voice3501
二胡教室
TEL:135-2440-1548(日本語可)
住所:水城南路35号広場大厦1107室
営業時間:9時~21時
メール: jifeng18@163.com
予算:
1カ月480元(月4回、45分)、半年コース2880元(月4回、45分)
※半年コースに申し込むと二胡を無料で贈呈、修了後は発表会を開催

~上海ジャピオン6月25日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP