上海の医療 記事

お医者さんの御用達~健脾養生粥

624お医者さん-1

624お医者さん-2 624お医者さん-3

 

お腹にやさしい春の薬膳粥

――便秘で長年悩んでいます。便秘薬に頼らず、腸にやさしい食べ物で症状を和らげることはできますか。

 

先生 「日脾胃(胃腸などの消化器官)」の冷えが原因で便秘になってしまっている人が多く見られます。これを機に「中華粥」を食べて身体を調整してみませんか。

 

――ぜひ取り組んでみたいと思います!

 

先生 中国では、便秘は「脾臓」と密接に関係していると言われています。その大切な脾臓を温め養生する中華粥を今日は紹介しますね。まずはモチ米。胃にやさしく、胃の粘膜を保護してくれます。白米より糖分が低いのもうれしいですね。ヤマイモは食物繊維が豊富で、消化促進効果が高いです。「意仁(ハトムギ)」には利尿作用があり、「桂圓(リュウガン)」には精神安定、造血作用があります。

 

――どの食材も本当に身体によさそうですね!作り方も教えて頂けますか。

 

先生 モチ米100㌘を水4カップと一緒に煮て、沸騰したら、一晩つけたハトムギとヤマイモ、リュウガンをそれぞれ50㌘加え、弱火で約45~60分煮てください。最後に適量の氷砂糖を入れれば完成です。消化がよく、内側から身体が温まり、便通の改善が期待できますよ。ただし、妊婦さんはハトムギを控えましょう。

 

~上海ジャピオン2017年4月14日発行号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。