上海の医療 記事

お医者さんの御用達~ワンタフトブラシ

664お医者さん-1

664お医者さん-2 664お医者さん-3

奥の歯をピンポイント掃除

――親知らずが生えてきて、奥歯が磨きにくくなりました(涙)。磨き残しがありそうで心配です。

 

先生 アゴが小さな人ですと、親知らずが斜めに生えてきたりして、磨きづらいことが多いですね。普通の歯ブラシだと親知らずまで届きにくいので、こちらの「ワンタフトブラシ」を試してみてはいかがでしょうか。

 

――小さな歯ブラシのような形をしていますね。

 

先生 こちらは先が細くなっていますので、歯間にピッタリ収まるとともに、親知らずの一番奥までグイッと届きます。隙間に入れたらピンポイントで小刻みに、力を入れ過ぎずに動かすのがポイント。サイズの問題で歯間ブラシを面倒に感じる人がいらっしゃると思いますが、こちらは一本ですべての歯間に対応できるのでとても便利ですよ。

 

――まずは一本購入して試してみます。注意点はありますか。

 

先生 ブラシの先が開いたり形が崩れたりしてきたら、交換時期です。普段強めのブラッシングをしている自覚のある人や歯が擦り減ってしまっていると言われたことのある人は、毛先が普通~柔らかめを選んでください。歯茎が腫れている時は、やさしいブラッシングで悪い血を出した方がいいです。個人の好みと用途に合わせて様々な場面で使用してみましょう。

 

~上海ジャピオン2018年1月26日発行号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。