お医者さんの御用達~鶏目膏

自宅で魚の目を簡単処置

――歩くと足裏に痛みを感じるので見てみると、できものができていました。

 

先生 固い芯があり、痛みもあるようですので、これは魚の目ですね。そんな時は、こちらの「鶏目膏」を使いましょう。

 

――どのように使ったらいいですか?

 

先生 絆創膏状のテープの真ん中に赤い丸があるので、その部分が魚の目に当たるよう貼ってください。この赤い丸部分に含まれる成分が、硬くなった皮膚を軟化してくれます。丸一日貼って、翌日は様子を見ましょう。およそ1~3回貼れば除去できることが多いですよ。

 

――貼るだけでいいとはお手軽です! ズレにくい設計なのもいいですね。

 

先生 皮膚を柔らかくする効果が強いので、連続使用には注意してください。またカミソリやピンセットなどで刺激を与えないようにしましょう。タコやイボは、パッと見ると魚の目と似ていますが、対処法が異なります。できものの中心に芯があるか、バイ菌性のカビではないか、痛みの有無などで判別します。自分で判断が難しい場合や出血がある場合などは、気軽に専門機関に相談してください。また靴が自分の足に合っているかどうかや生活習慣を見直し、再発予防にも取り組みましょう。

~上海ジャピオン2019年9月6日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP