上海の医療 記事

お医者さんの御用達~腰サポーター (護腰帯)

671お医者さん-1

671お医者さん-2 671お医者さん-3

腰が痛む時の心強い味方

――買い物で重いものを持ち運ぶ際に腰が痛み、ツラいです…。

 

先生 腰痛がヒドい時には、こちらの「腰サポーター」を着けてみてはいかがでしょうか。私も仕事柄かがむことが多いので、そんな時にこれを身に着けているんですよ。

 

――お父さんがよく使っています!

 

先生 使い方は日本で売っているものと同じです。腰サポーター中央にある背当て部分の中心が、腰の中心である背骨にくるようにサポーターを当ててください。本体の両端をしっかりと引っ張りながら、へその辺りで面ファスナーを留めましょう。その後、補強ベルトの両端を手に持って、サポーター本体に留めれば完了です。

 

――使用する際の注意点はありますか?

 

先生 腰サポーターの太さは細いものと太いものがありますが、安定感のある太いタイプの方が腰と骨盤全体をサポートしてくれるのでオススメです。またメッシュ素材なら夏場向け、綿やポリエステルなら冬場向けですね。腰サポーターは、お腹に適度な圧力を掛けることで脊椎への負担を減らすための道具なので、いわば痛みを一時的にしのぐための道具。慢性的に腰痛がある場合は、早めに専門の医療機関に相談しましょう。

 

~上海ジャピオン2018年3月23日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。