豫園の城隍廟の大型改修完了、元旦より一般開放

 昨年6月6日より行われていた豫園の城隍廟(鎮守のやしろ)の全面改修がこのほど完了した。元旦より正式に一般開放されている。
今回の改修工事で、城隍廟は1124平方㍍から3000平方㍍に拡張された。改修後の城隍廟は、清代末期の建築風情を復興させており、城隍廟古戯台は旧暦の2月21日(西暦3月20日)より使用開始となる予定。古戯台は城隍廟のアーチ型建造物と大殿の中央にある祭事建造物で、3月の開放時には、観光客向けに越劇、瀘劇を中心とした演目を披露するという。(2005年12月31日)

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP