違法、品質不良の花火及び爆竹を回収、約3万箱を処理

消防局は16日、昨年3月からこれまでに回収した違法又は品質不良の花火及び爆竹の回収量が約3万箱に達し、価格にして約600万元相当であると発表した。
同日の朝、同局は5㌧トラック50数台を用いて、回収品を搬送。規定以上の火薬を使った花火や、燃焼時の騒音の強い爆竹など、公安局が販売、使用を禁止している商品を処理場に運び込み一斉に爆破処理した。
同局では、春節に向け、違法又は品質不良の花火と爆竹の取り締まりを強化し、販売店に対して今後も調査を行っていくという。また、市民に対して積極的な違法花火撲滅活動の協力を呼びかけている。
 2006年春節の爆竹と花火の主な禁止区域と道路は以下のとおり。
 禁止区域:豫園商城地区、人民広場地区、徐家匯広場地区、静安寺地区、鉄路上海駅地区、外高橋保税区、虹橋緑地、その他大型公共緑地など。
 禁止道路:南京東路、南京西路、淮海中路、四川北路、中山東一路、中山東二路、新華路、西蔵中路の一部など。(1月17日)
~上海ジャピオン2006年1月20日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP