老舗スーパー百佳超市が撤退  一時は14店舗展開も全店閉店

上海市静安区南京西路の商業施設「梅龍鎮広場」地下1階にある大型総合
スーパーマーケット「パークン・ショップ(百佳超市)」が、5月13日(日)、
営業を停止した。
同店は、中国香港を中心に約300店を展開するスーパーで、1994年、
市初進出の外資系高級スーパーとして開店。
一時は市内に14店を有するまでになったが、現在長寧区古北エリアに残る、
同系列の高級スーパー1店も21日(月)に閉店し、全店撤退する予定と
なっている。
経営側によると、賃貸契約満期が閉店の原因としているが、上海商学院の
教授は、同店の市における長期的戦略の欠如が撤退を招いたと分析している。
(5月15日)

??~上海ジャピオン05月18日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP