MERS猛威収束 韓国への旅客が増加

韓国政府は7月28日(火)、重い肺炎などを引き起こす「MERSコロナウイルス(中東呼吸器症候群)」の拡散が、収束に向かいつつあることを発表。

これを受け、上海市では韓国への旅行客数が増加し始めている。

大手旅行サイト「携程(www.ctrip.com)」によると、7月初めから旅行客の予約数が増加し、前月比100%を上回ることがわかった。

また、1日当たりの予約客も400人を超え、8月には市のほか北京や広州からもツアーが催行される。

 

~上海ジャピオン8月7日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP