上海のニュース 記事

1人っ子政策廃止の影響 都市部での出生率変化なし

中国共産党第十八回中央委員会第五回全体会議で10月29日(木)に決定された、すべての夫婦が2人の子どもをもうけることを認める新政策に対し、上海交通大学の経済学教授は、市の出生率は一時的に上昇するものの、長期的な影響はないとの予想を明らかにした。

解放日報が同政策公布前に行った調査によると、55%以上の市民が第2子を望んでおらず、施行後も大きな変化は見られないとの予測を報道。

また北京市では2013年、夫婦のうちどちらかが1人っ子であれば、2人目の子どもを持つことができるという政策を施行。今年はベビーラッシュが期待されたが、例年に比べ約10%減少した。

また近日、今回の新政策による生活への影響について、市民の関心を集めている。中国国家衛生計画出産委員会によると、同政策施行後は、第2子出産による罰金制度はなくなるものの、同時に現行の政策による、1人っ子に対する優遇制度も廃止されるという。

 

~上海ジャピオン11月6日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。