上海のニュース 記事

辰山植物園でカイドウ見頃 日本への渡航ビザ免除検討

上海市松江区にある辰山植物園で最近、ハナカイドウが見頃を迎えている。

園内には約30種類のカイドウが展示されており、中国原産のハナカイドウやシベリアリンゴ、ミカイドウなど、様々なカイドウの花を約半月ほど楽しめる。また宝山区にある顧村公園では、10日(日)時点でのべ158万人が桜の花見に訪れ、過去5年間の「桜祭り」期間中の最高来園者数をすでに更新した。同園では15日(金)まで桜祭りを開催する。

日本でも近頃、多くの中国人観光客が花見に訪れている。3月下旬~4月中旬に花見に訪れた中国人観光客は、のべ50万人。昨年と比べ約5割増加し、渡航費用は1人当たり2万元であった。

そのほか日本の相木原外務副大臣は最近、2020年までに年間4000万人、30年までに6000万人の外国旅行客を誘致するため、中国を含め多くの国に対して、ビザ免除措置を検討していると発表した。

 

~上海ジャピオン2016年04月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。