〝怪物〟発見に村騒然  印鑑にそっくりなクモ

四川省蒲江県の村に住む男性が11月14日(月)、自宅のみかん畑で奇妙な丸い物体を発見した。拾い上げたところ物体は一匹の虫で、模様のある丸い部分は虫の尻だった。〝怪物〟のニュースは瞬く間に村中に知れ渡り、村民は男性宅に押し寄せたと言う。

著名な昆虫専門家の写真鑑定によると、〝怪物〟は穴を掘って身を隠すシリキレグモであることが判明。福建省や浙江省に生息しているが資料によると、2000年に四川省芦山県で発見されたのが最後だったと言う。

一方、ネットでの売買価格が最高1万2000元だと知った男性は、このクモを売ってひと儲けすると話している。

5

~上海ジャピオン2016年12月2日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP