上海のニュース 記事

3月から室内がすべて禁煙に  違反で50~200元の罰金

上海市では3月1日(水)から「上海市公共場所控制吸煙条例」が正式に実施される。これに先駆け近頃、おおよそ150万個の標識や320万枚の禁煙ポスターが市内の各居住区域やビルの廊下などに張り出された。

条例では、市内にある屋内の公共スペースやオフィス、公共交通機関がすべて禁煙となる。託児所や幼稚園、小中学校など未成年者が活動する場所のほか、婦幼保健院や児童医院、一般開放されている歴史的建築物なども全面禁煙の対象となる。個人が条例に反した場合、50~200元、組織や団体が違反を犯した場合は、2000~3万元の罰金が科されると言う。

一方で上海市衛生と計画生育委員会は、レストランやオフィスビルの階段での喫煙に関して、取り締まりが難しいと指摘。市民全体で上海の健康と環境を守ろうと呼び掛け、違反行為を見つけた場合は直ちに市民サービスホットライン「12345」に連絡するようにとしている。

1_新浪カエ

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年3月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。