上海のニュース 記事

人気店で3~5時間長蛇の列 行列に並ぶのがステイタス?

上海市黄浦区のショッピングモール「来福士広場」内のドリンクスタンドや、その向かいにある人民公園内のケーキ屋で最近、毎日3~5時間の行列ができていることが話題になっている。

同モール内のドリンクスタンド「喜茶」は2月上旬に開店。中国茶の上にクリームとチーズを加えたドリンクが人気で、深セン市などで既に話題となっており、開店以降毎日3~4時間待ちの行列ができていると言う。また同モールの向かいにあるケーキ屋「鮑師傅」も同じく北京市で著名な店で、2月上旬の開店から3~5時間待ちの行列が続いている。復旦大学社会学教授はこの現象に対し、「行列に並ぶことが、一種の娯楽と化している」と分析する。

一方両店の人気ぶりを受け、代行で商品を購入したり、行列に並んだりするダフ屋が横行。100元程度で購入代行を請け負うと言う。

そのほか上海市文化事業管理処らは最近、「2016年上海文化産業発展報告書」を発表。2016年度の市の映画興行収入は約30億3700万元で、昨年度に比べ3・3%増加したことがわかった。全国の映画興行収入は約457億元で、3・7%の伸び。またほかの娯楽産業では、生放送を配信するサイトを運営する企業が台頭した。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。