上海のニュース 記事

朗読イベントに人気集まる 老外街が夜市にリニューアル

上海市徐匯区にある上海図書館前に最近、テレビ番組の活動の一環で「朗読ボックス」が登場し、7時間待ちの行列ができるなど注目を集めた。

このボックスは人気テレビ番組『朗読者』のイベントの一環で、期間限定で設置。同番組では、翻訳家や芸能人などが毎回テーマにちなんだ物語を朗読し、大きな反響を呼んでいる。今回設置された「朗読ボックス」では、一般市民がボックス内に入り、各々好きなことを3分以内で朗読。その中で番組製作者が特に優秀だと思った市民が、同番組に出演できるとして話題となった。設置当日は朝9時から列ができ、10時の時点で行列は100人を超えていたと言う。親子や先生と生徒、親友同士など、老若男女が競って朗読を披露した。

また1996年に長寧区に設立された「上海市児童博物館」が1年の改修工事を経て、新たな親子活動の場としてリニューアル。そのほか市商務委員会は最近、市内に巨大夜市を、4~5カ所設立することを発表した。閔行区にある「老外街」もそのうちの1つで、今後は18の国や地域の美食が深夜2時まで楽しめ、夜間の売り上げが1日の8割を占めるような運営方針に変えていくと言う。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月10日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。