工場火災で8人が心肺停止 2月に安全生産条例違反も

上海市金山区の工場で4月22日(木)13時半、火災が発生した。

火は翌23日(金)午前6時20分までに消し止められ、出火後連絡が取れなくなった8人全員が発見されたが、いずれも心肺停止状態だという。うち2人は消防救援隊員だった。

調べによると、出火したのは「勝瑞電子科技(上海)有限公司」の工場。コンピューターの金属部品などを製造販売しており、法定代表人は13日(火)に新しく着任したばかりだった。同社は2月に金山消防から消防安全の是正勧告を受けており、これまでも「上海市安全生産条例」違反が確認されていた。

~上海ジャピオン2021年4月30日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP