上海のニュース 記事

家を売り購入した骨董品 鑑定額2000元で落胆

上海市文物局が近頃、骨董品の無料鑑定会を開催。ある男性市民が8万元で購入したという骨董品を鑑定したところ、2000元の価値しかないことが判明した。

上海博物館の専門家によると、この骨董品は「魂瓶」と呼ばれる副葬埴輪の一種で、三国時代から宋代まで民間で広く用いられていたと言う。男性が持参した「魂瓶」は宋の時代に作られた本物ではあるものの、現存品が多く葬儀品であることからコレクターに人気が出ず、質のよい青白磁のものでも1つ1000元ほどの価値しかないと話す。

これを受け男性は「十年前に骨董商からこの商品を買った際、数人の鑑定士に鑑定を依頼し、大変価値のあるものだと言うので、不動産を売って8万元で購入した。大変残念だ」と落胆している。

市では、男性のような骨董品鑑定士による詐欺被害が昨年で3000件発生し、被害額は1億5000万元に及ぶと言う。

7_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年4月14日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。