上海のニュース 記事

映写機不要の映画館 LED仕様で発光

上海市楊浦区五角場の万達広場にある映画館「万達影城」に2月4日(日)、国内で初となる映写機不要のスクリーンが登場したことがわかった。

このスクリーンにはLED基板が用いられており、スクリーン自体が直接発光して作品を上映。映像は、映写機に比べ10倍ほど鮮明になったと言う。昨年7月に、韓国のサムスン社が世界で初めて同システムを採用、「万達影城」が世界2例目となった。

 

~上海ジャピオン2018年2月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。