上海のニュース 記事

3・15の国際消費者権利デー 消費者クレーム案件を公表

上海市を含む世界各地で3月15日(木)、国際消費者権利デーを迎えた。これを受け市消費者権益保護委員会は最近、消費者から受けたクレームの十大案件を公表した。

クレームが多かったのは、「微信(We Chat)」やアプリを通じて旅行業務を請け負っていた悦行信息科技(上海)有限公司に関するもので、訴え総数は4800件超。内容は業務不履行や料金の未返還で、被害総額は1億8000万元に上ると言う。浦東新区人民検察院は5日(月)、同社責任者を逮捕している。

そのほかの案件も、旅行業者に対するものが多かったと言う。

 

~上海ジャピオン2018年3月16日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。