上海のニュース 記事

コンビニができたて料理提供 新業態のレストランが登場

上海市食品薬品監督管理局は最近、市内のコンビニで、できたての温かい食事の提供を試験的に開始すると発表した。

市内数カ所のコンビニでは、同局の指導下においてすでに営業許可を得ており、間もなくサービスを開始できる見込み。さらに、付近のレストランの料理を取り寄せ、食事を楽しめる場所を提供する「共享餐庁」が、来月にも市内に登場する。消費者はスマートフォンのアプリを通じ、800㍍以内にある飲食店から料理を予約、店内で食べることができる。

同局はこれらの取り組みに対し、営業許可証を持たない飲食店を取り締まり、新しい業態を模索することが目的と話す。

8_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年4月27日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。