博覧会前に市内で景観整備 免疫検査など17の保障案公表

上海市の浦東新区環境保護和市容衛生管理局は、青浦区で今年11月に開催される「国際輸入博覧会」に向け、浦東新区内490カ所の交差点で、花壇の整備や植樹、公園の設置など景観整備を7月末までに行うことを明らかにした。

張江科学城、花木行政区、上海国際会議センター、陸家嘴などが重点エリアとなる。そのほか2463地点でも緑の養生を行う。

また市政府によると6月14日(木)、架空配電線の地中化工事が、市内全域のうち50㌔で起工したことがわかった。うち30㌔が、「国際輸入博覧会」の会場となる「国家会展センター」周辺で、9月末までの竣工を目指す。さらに同博覧会の開幕まで150日を切った6月7日(木)、同政府は入場者の手荷物検査や出展者の宿泊環境などに関する、17項目の安全保障案を公表。なお日本からは、約1000社の出展を見込んでいる。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年6月22日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP