上海のニュース 記事

松江区の文化遺跡が一般開放 長寧区の歴史的建築物も公開

上海市松江区にある古代墳墓などの保護施設「広富林古文化遺址」が、6月26日(火)に一般開放された。

この墳墓では1959年に現地農民によって発見。今から4500~5300年前に、太湖流域や銭塘江流域で栄えた「良渚文化」式の墓や井戸などの遺跡が300カ所出土されており、現時点で長三角エリア最大規模の文化遺跡だと言う。一般公開では、屋根から下が水中にある「広富林文化展示館」が注目を集めた。同館では遺跡発掘現場の様子や、当時の人々の暮らしを再現した展示を観賞できる。ほか「考古遺址館」など十数カ所が公開されている。

また長寧区では近頃、歴史的建築物が無料開放されたことがわかった。1879年に設立され、〝東方のハーバード大学〟と呼ばれた「聖ヨハネ大学」や、市の著名建築物の設計を数多く手掛けた「ラズロ・ヒューデック記念館」など、市の歴史を色濃く残す施設が人気。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年6月29日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。