上海のニュース 記事

電子商務法施行で規制強化 消費者権利の保障も明確化

上海市を含む中国各地で、「電子商務(eコマース)法」が1月1日(火)から実施されたことがわかった。

華東政法大学法律学院教授によると、「電子商務法」はeコマース経営者の経営規範に対する法律であると同時に、消費者の権利と利益の保障にもプラスの作用がある。第14条には販売店の領収書や購入証明書、伝票の発行が義務付けられ、第17条には消費者を保護する条項として、eコマース経営者は真実の正確な商品とサービスを提供し、消費者の知る権利と選択権を保障すべきと規定。虚構の取引やユーザー評価のねつ造などにより、誤解を招く宣伝、詐欺を行ってはならないとしている。

「電子商務法」に違反した場合は、経営者に対し最高200万元の罰金が科されると言う。また同法の施行で、中国国外で「代購(代理購入)」ビジネスを行う人が、「微信(WeChat)」のモーメンツに広告を控えるなどした。

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン1月11日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。