市内各地で花見シーズン到来 今月下旬~5月に掛けて見頃

上海市内の各公園やリゾート地では近頃、モモやウメなどが見頃を迎え、花見に訪れる観光客を楽しませている。

徐匯区の「上海植物園」では最近、早咲きのモモが開花期を迎えた。38品種を誇るモモのほか、バラもこれから最盛期を迎えると言う。今年の開花は昨年とほぼ同時期。また、楊浦区の「共青森林公園」では、1万平米に色とりどりのモモ10品種余りが鑑賞でき、赤いモモや園内北部に白色のランなどが開花し始めている。同園は4月上旬に花見会場として公式オープンする予定。

そのほか浦東新区の「上海ディズニーリゾート」では最近、園内の花壇にアジサイやチューリップ、ヒヤシンスなど1000万本の花が、絶景を織り成している。特に高さ4㍍の花柄ミッキーや巨大なチョウをモチーフにしたオブジェが話題で、記念写真の人気スポットになっている。同リゾートの花壇は、5月頃までが見頃。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年3月22日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP