上海のニュース 記事

市内各地で花見シーズン到来 今月下旬~5月に掛けて見頃

上海市内の各公園やリゾート地では近頃、モモやウメなどが見頃を迎え、花見に訪れる観光客を楽しませている。

徐匯区の「上海植物園」では最近、早咲きのモモが開花期を迎えた。38品種を誇るモモのほか、バラもこれから最盛期を迎えると言う。今年の開花は昨年とほぼ同時期。また、楊浦区の「共青森林公園」では、1万平米に色とりどりのモモ10品種余りが鑑賞でき、赤いモモや園内北部に白色のランなどが開花し始めている。同園は4月上旬に花見会場として公式オープンする予定。

そのほか浦東新区の「上海ディズニーリゾート」では最近、園内の花壇にアジサイやチューリップ、ヒヤシンスなど1000万本の花が、絶景を織り成している。特に高さ4㍍の花柄ミッキーや巨大なチョウをモチーフにしたオブジェが話題で、記念写真の人気スポットになっている。同リゾートの花壇は、5月頃までが見頃。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年3月22日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。