上海のニュース 記事

同済大学で桜の見頃迎える 桜並木道に進入規制措置

上海市楊浦区に構える「同済大学」の敷地内で、サクラの見頃を迎えている。多くの市民が花見に訪れる中、同大学は最近、花見に対するキャンパスの安全確保を目的とした「学園安全工作預案」を制定した。

同案はサクラの鑑賞期間中、学内の治安や交通面など学習環境を保障するための措置。メインのサクラ並木道に対して、混雑程度を4等級で区分し、1級~4級をそれぞれ鑑賞者数500人、800~1000人、1000~3000人、3000人超と規定。車両や自転車などの乗り入れが随時制限される。4級では、鑑賞規制エリアを拡大し、外来者の進入を禁止。学生・職員は身分証の提示が必要となる。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年4月5日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。