上海市の軌道交通駅で新規則 エスカレーターの歩行を禁止

上海市内の各軌道交通駅構内では最近、エスカレーターの歩行・走行を禁止していることがわかった。

軌道交通を運営する上海申通地鉄集団有限公司によると、今まではエスカレーターで歩かない人は右側に立ち、歩く人は左側を利用していたが、これを禁止。これからは左右どちらも立ち止まって利用し、必ず手すりを掴むよう指導すると言う。

専門家は、エスカレーターの片側歩行は、利用者が衝突する危険や装置の耐久性を下げる問題があると指摘。市では昨年、50歳の女性と8歳の児童がエスカレーターに乗っていたところを、無理矢理追い越そうとした男性が、女性に重傷を負わせた事故で、男性に約11万元の賠償を命じる判決が下されている。

なお天津市、江蘇省南京市、陝西省西安市でも同様の取り決めがなされている。

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2019年4月19日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP