上海の外資企業670社 Q1の外資契約140億㌦

上海市では2018年末までに、外資企業が670社、外国資本の研究開発センターが441社設立していることがわかった。

市政府は近年、経済成長促進と都市機能向上のため、積極的に外資系企業の研究センター設置を支持。最近新たに「アップル」や「ナイキ」といった世界トップ500社にランクインする27社に参与を認定した。市は今年第1四半期、1411項目の外資計画を新設。外資による契約は、前年比33・7%増の140億9700万㌦に達した。ほか、市に巨大工場を建設した米電気自動車メーカー「テスラ」が、今年1月に稼動している。

~上海ジャピオン2019年5月24日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP