上海の外資企業670社 Q1の外資契約140億㌦

上海市では2018年末までに、外資企業が670社、外国資本の研究開発センターが441社設立していることがわかった。

市政府は近年、経済成長促進と都市機能向上のため、積極的に外資系企業の研究センター設置を支持。最近新たに「アップル」や「ナイキ」といった世界トップ500社にランクインする27社に参与を認定した。市は今年第1四半期、1411項目の外資計画を新設。外資による契約は、前年比33・7%増の140億9700万㌦に達した。ほか、市に巨大工場を建設した米電気自動車メーカー「テスラ」が、今年1月に稼動している。

~上海ジャピオン2019年5月24日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP