市の喫煙率初めて20%下回る 電子タバコの利用率1・3%

上海市衛生健康促進委員会は5月30日(木)、2018年度の市における喫煙状況を発表。15歳以上の喫煙率が19・9%で、初めて20%を下回ったことがわかった。

女性の喫煙者は17年と変わらず0・8%だったが、男性は38・4%から37・9%に減少。また、電子タバコの利用率は1・3%だった。非喫煙者が受動喫煙にさらされる割合も50・6%から46・7%に減少した。

ほか分煙に関する情報は、79%の人がポスターやテレビなどの広告で得ていたこともわかった。同委員会は今後も、喫煙がもたらす肺ガンリスクなどに対する市民の意識向上に努める方針。

~上海ジャピオン2019年6月7日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP