市の喫煙率初めて20%下回る 電子タバコの利用率1・3%

上海市衛生健康促進委員会は5月30日(木)、2018年度の市における喫煙状況を発表。15歳以上の喫煙率が19・9%で、初めて20%を下回ったことがわかった。

女性の喫煙者は17年と変わらず0・8%だったが、男性は38・4%から37・9%に減少。また、電子タバコの利用率は1・3%だった。非喫煙者が受動喫煙にさらされる割合も50・6%から46・7%に減少した。

ほか分煙に関する情報は、79%の人がポスターやテレビなどの広告で得ていたこともわかった。同委員会は今後も、喫煙がもたらす肺ガンリスクなどに対する市民の意識向上に努める方針。

~上海ジャピオン2019年6月7日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP