上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~蔡福(さいふく)

-488suiko-v1

-488suiko-v2

鉄腕の処刑人
蔡福(さいふく)

ゆかりの地 福建省泉州市安溪県
あだ名 鉄臂膊
職業 死刑執行人
宿星 地平星

北京大名府(現河北省邯鄲市大名県出身)で、弟の蔡慶(さいけい)と牢役人を務めていた。同大名府の豪商・盧俊義(ろしゅんぎ)の破獄事件に手を貸したことを契機に梁山泊入り。入山後も罪人の処刑を担当。最期は方臘の戦いで討死する。

大名府処刑人兄弟の兄
盧俊義の救出に協力

蔡福は北京大名府(現河北省邯鄲市大名県)の牢役人。弟の蔡慶(さいけい)とともに、牢獄の管理と、罪人の処刑を担っていた。一太刀で首を斬り落とせるほどの腕力を備えていたことから「鉄臂膊(てつびはく)」と呼ばれ、恐れられた。

 

-488suiko-v3

安溪鉄観音は、中国10大銘茶の1つ。芳醇で味が濃く、後味の甘さが特徴。春に摘み取られる葉が美味とされる

ある日、大名府の牢獄に地元の大富豪・盧俊義(ろしゅんぎ)が送り込まれてくる。盧俊義は梁山泊に出かけて屋敷を留守にしていたところ、使用人の李固(りこ)に屋敷を乗っ取られたうえ、梁山泊への仲間入りを密告され、捕まったという。彼を預かった蔡福は、李固から金を渡され盧俊義を殺すよう命じられたが、梁山泊の柴進(さいしん)からは、彼を殺さぬよう倍額を握らされ、板挟みになる。さらに柴進がもし盧俊義を殺せば北京を滅ぼすと脅し、蔡福は盧俊義を死刑でなく流罪にするよう政府に働きかけ、結果として盧俊義は死刑を免れる。

流刑地への護送中、盧俊義は彼の召使い・燕青(えんせい)に救出されるも、大名府の役人に見つかり、再び牢に入れられる。今度ばかりは死刑を免れない。蔡福が盧俊義の首に刀を添えたその時、1本の矢が飛んできた。梁山泊が盧俊義救出のために、攻撃をしかけたのだった。彼らは大名府を攻め落としし、盧俊義を救出。蔡福は、もはや壊滅状態に陥った大名府に未練はなく、同じくその場にいた弟を連れ、入山することにした。

蔡福は山塞でも処刑を担当。戦にも参加したが、最期は方臘の戦いで、弟を残し戦死した。

-488suiko-v5

清水岩。安溪県北西部の蓬莱山中に位置する、中国の百仙人の1人、清水祖師を奉り、磨崖仏や楼閣建築が有名

蔡福が倒れた福建省泉州市安溪県は、福建省の南東側に位置する。〝中国の茶の都″と呼ばれ、ウーロン茶の1種、鉄観音の故郷として多くの観光客で賑わう。鉄臂膊と呼ばれた蔡福が眠ったこの地は、毎年春になると、鉄観音の清らかな香りに満ちていることだろう。

【アクセス】
①上海浦東/虹橋空港から空路にて泉州晋江空港まで約1時間半
②上海駅から泉州駅まで、高速列車で約7時間半、2等席307元。泉州東駅から安溪駅まで快速列車で約1時間、硬座4元

-488suiko-v7

~上海ジャピオン2014年6月27日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。